一般演題登録

  • 一般演題は、全日本鍼灸学会、日本伝統鍼灸学会の会員でない方も応募できます。
  • ポスター発表では、口頭による発表はありません。
    また質問に対しては通訳ボランティア(日英、日中)がお手伝いをさせていただきます。

<ご注意>
一般演題で過去に日本語で発表した論文(論文、学会発表)を受け付けますが、
全日本鍼灸学会、日本伝統鍼灸学会学会および社会鍼灸学研究会で発表した論文、学会発表に限らせていただきます。
もし、それ以外の学会での論文、学会発表の投稿についてご希望がある場合は事務局(wfas2016@teg.ac.jp)までご一報ください。また、発表済み演題の場合は必ず抄録にその旨を明記ください。どうぞよろしくお願いいたします。

以下の要項に従って登録をお願いします。

  • 一般演題は、口演、ポスターを募集します。学生(大学院、教員養成課程の学生を含む)はポスター発表のみといたします。発表区分についてはご希望に添えないことがあります。
  • 演題登録は、ホームページ(http://www.wfasjapan2016.org/jp/)よりオンライン登録をお願いします。
  • 演題登録期間は、平成28年4月1日(金)~7月7日(木)です。
    一般演題登録受付を8月4日(木)23時59分まで延長いたします。
    ただし、口演発表枠は既に埋まりましたので、ポスター発表のみ受付いたします。
    なお、ポスター発表につきましても、枠が埋まり次第締め切らせていただく可能性があります。
    どうぞご了承の程お願いいたします。

演題登録(講演要旨)

  • 英語(320 words以内)と日本語(800字以内)の両方での登録をお願いします。
    本ページに掲載のテンプレートに沿ってご作成ください。
  • 英文の際には、演題タイトルの単語の1文字目は大文字として下さい。接続詞(and, or, butなど)、前置詞(on, of, by, from, with, without, underなど)、冠詞(the, a, an)は小文字として下さい。
  • 経穴名、経絡名は、Standard Acupuncture Point Locations (World Health Organization Western Pacific Regional Office, 2008) or Standard Acupuncture Nomenclature, Parts 1 & 2 (World Health Organization. 1991: revised edition)に従って下さい。
  • 構造化抄録(Objectives 目的; Methods 方法; Results 結果; Discussion/Conclusion 考察/結語)にてお願いいたします。症例報告の場合は、Patient (Case) 症例として下さい。
  • キーワード(5語以内)をご記載下さい。

演題登録はこちら

演題投稿方法に関するご案内

テンプレートは下記よりダウンロードください。アブストラクトはPDFファイル(1枚)でご提出ください。

テンプレート(英語版)

テンプレート(英語・日本語版)

テンプレート(英語・中国語版)

PDF作成に不具合がございましたら、下記URLをご参照ください。
https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/kb/359.html

発表言語

口演の場合・・・英語にてお願いいたします。
ポスターの場合・・・口頭発表はありません。指定された時間にご自身のポスターの前にお集まり下さい。
          ポスターの言語は、英語(必須)と日本語でご記載下さい。

  • 演題ご発表者は必ず参加登録をお済ませください。2016年9月15日までにお申し込みがない方は、投稿演題を取下げとさせていただきます。(採否通知は8月31日にメールで送信されます)
    尚、ご登録、お支払い完了後に投稿演題が不採択となり、全額返金をご希望の方は不採択通知受領から2週間以内に登録事務局にご連絡ください。

発表区分

1. 基礎研究(動物、ヒト)
  • ・精神神経系
  • ・消化器系
  • ・循環器系
  • ・呼吸器系
  • ・代謝内分泌系
  • ・運動器系
  • ・泌尿器系
  • ・感覚器系
  • ・鎮痛
  • ・生体防御、免疫
  • ・その他
2. 臨床系
  • ・精神神経系
  • ・消化器系
  • ・循環器系
  • ・代謝内分泌系
  • ・産婦人科系
  • ・運動器系
  • ・泌尿器系
  • ・感覚器系
  • ・鎮痛、疼痛管理
  • ・生体防御、免疫アレルギー
  • ・老年疾患
  • ・過誤/副作用
  • ・その他
3. 手技、疫学、衛生、医療情報など
  • ・治療手技
  • ・疫学調査
  • ・衛生
  • ・医療情報
  • ・その他
4. 古典など
  • ・東洋医学史
  • ・古典文献
  • ・東洋医学理論
  • ・四診、弁証
  • ・経絡、経穴
  • ・その他
5. 教育、制度
  • ・教育技法、評価
  • ・制度
  • ・その他
6. その他

口演発表

発表時間は20分(発表15分、質疑応答5分)です。
口演発表でビデオ使用ご希望の場合は別途お申し出下さい。プログラム委員会で検討させていただきます。

ポスター発表

ポスターパネルは90cm×210cmです。ポスターは90×180cm程度で作成下さい。
詳細については、追ってお知らせします。

学生ポスター発表(大学院、教員養成課程の学生を含む)

優秀ポスター賞として、若干名を表彰いたします。

抄録審査と演題の採否

プログラム委員会にて本大会での発表にふさわしいかどうか、上記要項に従っているかどうか、倫理的に問題がないかどうか等について抄録審査を行います。不十分と判断された場合は不採択となる場合があります。
演題の採否、発表日時および発表形式(口頭、ポスター)は、8月末にメール及びホームページで公表いたします。

その他

  • 演題ご発表者としてご提出いただける演題は1名につき1件です。
  • 抄録には演題ご発表者のEメールを記載します。記載を希望されない場合は、演題登録の際にお申し出下さい。
  • 抄録執筆及び発表は演者の責任で行って下さい。
  • 講演要旨の著作権はWFAS 2016に委譲していただきますのでご了承下さい。
  • ご不明な点は、WFAS Tokyo/Tsukuba 2016 論文事務局(wfas2016-p@jtbcom.co.jp)までお問合せ下さい。

▲ Page Top